「緑豆の花」2020年12月2日TSUTAYA先行レンタル開始!

「緑豆の花」2020年12月2日TSUTAYA先行レンタル開始!

明日を変えたい
身分の違う兄弟が時代を変える――
平等で平和な時代を願った者たちの革命
※東学党の乱(甲午農民戦争)が起きたのは1894年です。大変失礼いたしました。※

2020年12月2日(金)TSUTAYA先行レンタル開始!
2020年12月25日(金)DVD-BOX1発売!
2020年11月2日(月)TSUTAYA TV先行配信開始!

公式サイト:https://culture-pub.jp/midori/

【ストーリー】
激動の時代を迎えつつあった19世紀末の朝鮮。全羅道古阜郡の吏房ペク・マンドゥク(パク・ヒョックォン)は郡守と組んで民を搾取する悪徳役人だった。長男イガン(チョ・ジョンソク)は庶子として蔑まれながら父親の汚れ仕事を手伝い、腹違いの弟イヒョン(ユン・シユン)は父親の期待を一身に背負い、日本留学を終えて科挙受験の準備中であった。一方、全州旅閣を率いるソン・ジャイン(ハン・イェリ)は利益を追求して大商団を夢見ていた。
ある日、暴政に怒った東学教徒チョン・ボンジュン(チェ・ムソン)が蜂起し、民乱が勃発。全羅道が混乱に陥る中、ジャインは大きな利益を手にできる軍商の地位を獲得し、東学党の目の敵にされたペク家はたちまち落ちぶれ、イヒョンは討伐軍の兵士となり、イガンはボンジュンとの出会いを通じて東学軍の義兵となる。

予告カテゴリの最新記事